2011/5/13

沿革・あゆみ

昭和32年(1957年)、私ども三給は愛知県西尾市の小中学校へ給食用食材をお届けすることから事業をスタートいたしました。以来50年、お客様の笑顔を喜びとして、ただひたすらベスト仕入パートナーでありたいと願う気持ちに変わりはありません。

昭和32年06月 林博茂が「ハヤシ食品」を開業する。
昭和33年05月 西尾市天王町に店舗を開設する。
最初の顧客は、出身校の西尾市立三和小学校様であった。
昭和37年03月 日本給食品連合会に加盟する。
昭和38年02月 法人設立する。「三河給食品株式会社」
資本金100万円
昭和38年12月 本社を移転する。(西尾市寄住町洲田)
昭和41年09月 浜松営業所を開設し、静岡県西部へ本格参入する。
(浜松市神田町)
昭和43年09月 本社を移転する。(西尾市熊味町北十五夜)
昭和45年09月 豊橋営業所を開設する。
昭和46年01月 現組織へ改組する。「三給株式会社」
昭和46年10月 資本金を950万円に増資する。
昭和54年09月 本社を移転する。(西尾市熊味町北十五夜)
昭和60年06月 岡崎営業所を開設し、外食産業への販路を広げる。
昭和63年06月 仕入先メーカー組織「サンキュー会」を設立する。
平成元年11月 創業者の林博茂が学校給食への貢献で文部大臣表彰を受ける。
平成02年08月 本社と岡崎営業所を統合し、本社を移転する。(岡崎市上地6丁目)
浜松営業所を移転する。(浜松市中区葵西6丁目)
平成03年12月 資本金を2000万円に増資する。
平成07年02月 豊橋営業所を浜松営業所に統合する。
平成07年05月 社内フリーエージェント制を導入する。
平成10年05月 代表取締変更 林元彦が社長に就任する。
平成12年08月 全社員にITスキルアップ教育を実施する。
平成13年01月 外食産業のインターネットBtoBサイト「efoods」をオープンする。
平成13年08月 情報共有のためグループウエアを導入する。
平成14年04月 本社を移転する。(岡崎市上青野町中屋敷100)
39ロジスティクスセンターが稼動する。
新基幹情報システムが稼動する。
平成16年04月 退職金の社外積立を開始する。
平成19年03月 ISO22000の認証を受ける(本社)
※業界初
平成22年06月 基幹システムを刷新する。
平成22年08月 浜松営業所を移転する。(浜松市南区飯田町)
平成24年03月 ISO22000の認証を受ける(浜松営業所)
※全社取得となる

ホームへ先頭へ前へ戻る